資産運用のマネーセミナーを無料開催|株式会社マルの資産運用・投資信託

0800-123-0080

日本全国通話料無料/年中無休/9:00~21:00
お電話でもお気軽にお問い合わせください。

事業保障

経営者の在任期間中の保障

中小企業の場合、経営者に対する信頼と期待は、会社の信用度にイコールすると言えます。特にオーナー経営者の場合、特に信用面での責任を大きく多方面に有しています。経営者に万一の事があった場合、金融機関や取引先から債務の早期返済を迫ってくる事が想定されますし、従業員の会社に対する不安が募り、退職者が増加する可能性も考えられます。安定した経営のためにも、経営者の在任期間中の保障は必要不可欠であるといえます。

事業保障資金の目安

(短期借入金+買掛金+支払手形残高)+(当面の運転資金)※1÷(1-法人税の実行税率)※2

※1 当面の運転資金として、従業員の給与や各種固定費の半年~1年分が目安として挙げられます。
※2 万が一の際に給付された保険金には、雑所得として法人税が課税されますので、法人税分を上乗せする必要があります。

経営者は労災保険などの法的補償が薄く、経営者に万一のことがあった場合、死亡退職金・弔慰金は遺族の生活を守るだけでなく、相続税納付資金や相続財産分割財源に充てることができます。

事業保障に対する生命保険の活用には、会社の経営状況に応じた生命保険商品選択をする必要があります。単純に安い保険料で大きな保障を確保したい場合は、必要な保険期間の定期保険を活用すると良いでしょう。 また、借入金の保障に関しては、収入保障保険家族収入保険が、借入金の年間返済額と返済期間を考慮した保障にすることにより、無駄なく保障を掛けることができます。

長期平準定期保険は、保険期間が長いことが特徴で、98歳や100歳まで等の長い期間の保障を得ることができます。保険料の半額を損金処理しながら、解約返戻金が貯まるため、退職金の原資とすることもできます。

逓増定期保険は、全額損金計上しながら解約返戻金が多く貯まるため、保障を兼ねた退職金準備として活用されることの多い保険です。商品によって解約返戻金の貯まる割合や貯まる時期が異なるので、経営状況に合わせた商品選択が必要です。

マルのコンサルタントを
経営者の方とともに発展を目指すパートナーとして、
ぜひご活用ください。

無料相談のお申込み

株式会社マル
〒107-0062 東京都港区南青山1-3-1 青山一丁目タワー602
tel : 03-6826-1122
fax : 03-3403-3338
mail: info@maru-maru.jp

Copyright (C) 2011 MARU All Rights Reserved.