資産運用のマネーセミナーを無料開催|株式会社マルの資産運用・投資信託

0800-123-0080

日本全国通話料無料/年中無休/9:00~21:00
お電話でもお気軽にお問い合わせください。

法人がん保険

法人のがん保険は、がんによる入院・通院・手術などによる経営者や役員の長期休業のリスクや社員の福利厚生としてがんに対する保障を確保した第3分野商品です。

特長

1.解約返戻金を経営上の運転資金や設備投資等に活用できます

がん保険の解約返戻金は、他の保険に比べて比較的早く(ご年齢によっては1年で70%以上貯まります)貯まる為、取りあえず利益を圧縮しておきながら、数年後にまとまった資金を活用することが容易な保険です。

2.保険料の経理処理

従業員の福利厚生や役員保障を主な目的として加入した場合は、お支払いいただいた保険料を全額損金算入できます。(法人税個別通達平成13年8月10日付課審4-100)

3.がんに対する大きな保障が得られます。

被保険者ががんになってしまった場合にがん入院保険金や診断給付金等の保障が得られるので、会社そのものや被保険者およびそのご家族に対する保障とすることができます。経営者・役員、従業員に万一のことが発生した場合の事業保障資金を確保できます。(がん以外の死亡でも保険金を受け取ることができます) また、ご遺族の方への弔慰金や死亡退職金などの財源に活用できます。

4.福利厚生の充実が図れます。

役員・従業員の皆様ががんと診断された場合、入院・手術・退院後療養などの資金準備をすることができます。 また、会社側にとっては、従業員や役員の方が療養中の所得補償的側面からがん保険を活用することができます。

5.ご勇退時には

契約者を個人に変更し保障を継続することも、解約返戻金を退職金等の財源に充てることもできます。また、保険契約そのものを退職金として受け取った後に、保険料の払込をストップ(払い済み)させても保障を継続することができますし、解約返戻金にも利息が付いていきます。

6.ご契約のお手続きが簡単です

告知書のご提出のみで簡単にお申込みいただけます。保険会社の条件を満たす場合は被保険者の職業・身体状況・付保同意などについては、事業主から一括告知していただく方式で、医師の診査は不要です。

7.団体割引制度を活用する方法もあります

被保険者が10名以上(保険会社によって異なります)となる場合に、生命保険団体扱制度をご活用いただける場合があります。この場合、2回目以降保険料が、3%割引になる会社もあります。団体制度を適用させるには、保険種類を問いませんので、同一の保険会社で違う種類の保険を活用して団体制度を活用する方法もあります。

マルのコンサルタントを
経営者の方とともに発展を目指すパートナーとして、
ぜひご活用ください。

無料相談のお申込み

株式会社マル
〒107-0062 東京都港区南青山1-3-1 青山一丁目タワー602
tel : 03-6826-1122
fax : 03-3403-3338
mail: info@maru-maru.jp

Copyright (C) 2011 MARU All Rights Reserved.